売却時に知っておくべき注意点

価格の査定とは

高い価格だから良い業者とは言えない

不動産会社はどの様に物件を査定するのでしょうか。
一番一般的な査定方法と言われているのが、近郊で売り出され実際に売買が行われた価格からおよその価格を決めると言うものです。
自分の住んでいる周辺の土地の価格を、知っておくのは大事なことです。
交通の便が良い都市部のど真ん中と不便な地域では土地そのものの価格に大きな差があることは誰でも知っていることですが同じ県内市内でも場所によって土地の価格は異なります。
また建物のある敷地面積、つまり坪数と、築年数によっても価格は違います。
一つの会社でなく一般的には複数の業者に査定してもらって納得して自分で売り出し価格を決めていきます。
一番高い査定の業者に決めると言うのは早計です。
査定の理由に納得し、売りやすい価格を決めていきます。

重要な売り出し価格

売り出して売れるまでの期間を限定します。
通常3か月から6か月の間に売りたいと言うのが業者も売り手も共通した期間と言えます。
そこで売り出し価格が重要になります。
最近は買い手も値引きを想定している場合が多いので売り出し価格も査定より若干多めにする場合がありますが、そこであまりに高い価格では売れないという事になります。
売り出してなかなか売れない物件というレッテルが貼られてしまうとその後はかなり困難が予想されます。
売り手が殆ど急いでなく気長に希望価格で売れるまで待つことも当然ありますが、大概はそれぞれの諸事情からなるべく早くという希望が多いでしょう。
それでも買い手が見込めなく、不動産業者に直接売却してしまう事も最近は多いです。
ただしその場合は査定価格の70%ほどになることは知っておきましょう。



ページ
先頭へ