売却時に知っておくべき注意点

契約の前に準備することがたくさんあります。

信用できる不動産業者とは

家を持つことは多くの人にとって人生の目的であったりします。
いずれ自分の家を持つと言う夢のために一生懸命働いている人もたくさんいますね。
どういう理由かは別としてもその不動産を売るのですから信用できる仲介業者にお願いしたいものです。
売却価格にも大きな差が出ますのでシェアの幅広い業者か調べることも大切です。
売り主のために一生懸命仕事をしてくれる業者を探すというと何だか難しそうですが、案外しっかりしたコミュニケーションが取れるとか、こちらの要望をきちんと聞いてくれるとか、身なりが清潔で明るく挨拶するなど、当たり前の事だったりします。
散歩の途中で見かけた看板から電話してみたら、応対が良かったのでそのまま契約に進んだなんて話も聞きます。

決め手のポイント

不動産業者で看板が掛けてあるという事は売却に力を入れていると判断はでききます。
街角の貸し物件広告がメインの業者などは、どちらかというと賃貸管理で一定の収入のある、あまり売却に力を入れてないと思える業者もいて、がつがつ売却の仲介利益を必要としてなかったりしますので、親身になってくれない可能性もないとは言えません。
感じが良いと思ったらその次にその会社の実績や広範囲で力があるかなど調べる事をお勧めします。
シェアが多いという事は速く高値で決着がつく可能性が高いからです。
但し業者を絞り込めない場合は専任契約をしないことを提案します。
一般契約と言って他の業者の紹介でも売却できる契約にすることです。
専任契約をしてしまうと、一定期間他の業者が良い案件を提示しても受けることが出来ません。



ページ
先頭へ